若い頃、こちらは親友と覚え書きを交換して楽しんでいました

わたしは若い頃、わたしは親友と手帳を交換して楽しんでいました!私たちは学院で一緒に遊んで、手帳で言いだしたかったことを何でも書いて、わが家にいても連絡していました。わたしは中毒が欠ける!あなたはサイオンジジのシェア日誌の交替に注目がありますか?あなたがそうであれば、わたしはそれを再起動して嬉しいです!

20時世帰路、わたしは此度覚えていないでしょう。それはわたしを恐れる。 – わたしは手帳をつけていて、全品について書きます。私の手帳は私の実績を追跡し、私の今後を考える絶好の計画だ。わたしは何が見つかるかについての想定を通して、それらが土台になったかどうかを見ることができ、わたしが時間のプロセスとともにどのように変化したかを見ることができます。

わたしは若い頃にわたしは手帳を書いたが、わたしは止まった。我々が覚えておきたい幸せな季節がたくさんあるので、それはいやに良いことだ。機密にしたいものを書くこともできます。そうすれば、私たちは一層幸せになり、寂しさは減ります。

わたしは最初に手帳を書くようになりました。無論定期的にではなく、わたしが頻繁にやった道楽のようでした。最初はわたしは用語が可愛らしくなく、通常は多くの不埒を犯しましたが、時間が経つにつれてわたしは英文でさらによくなりました。そして、わたしは古くさい手帳を読むとまったく気分が良くなりました。私の手帳のしかし2?3時世帰路、わたしは総じて完全に書き留めをやめました。わたしは最初に手帳を書いてから8時世経ちました。更に書き始めます。しばし時間があれば。http://audioparasitics.net/